スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

郷愁

さてもうすぐ第二の社会人スタートからはや2カ月になろうとしている。
日々忙しい生活で毎日忙殺されて、うっかりMBAに行った意味とか
下手するとMBAに行ったことすら忘れそうになっている毎日(涙)なのだが、
自分の部屋のとあるものが、それを思い出させてくれる。

それはミシガン湖から見たシカゴのダウンタウンだの写真。
シカゴを旅発つ前の日にギャラリーで買ったもの。
その写真の中のシカゴの見慣れたビル群とミシガン湖を見るだけで、
「きれいだなあ」とうっとりする。
それだけでも癒しの効果満載なのだが、
いつもこの写真を見ると「MBAに行った原点」を思い返させられる。
本当に今思うと、「夢のような2年間」だったけど、
それは間違いなく夢じゃないし、今の自分にそこで得た糧
(知識だけじゃなく経験、友人、ネットワークなど)は確かに今の私の中に
内包されているんだよ、ということをこの写真は思い起こさせてくれる、
私の元気の源みたいなものだ。

また近い将来、「第二の故郷・シカゴ」に帰りたいなあ。

スポンサーサイト

2010/10/14 00:48 |雑感COMMENT(4)TRACKBACK(1)  

人にものを教えるということ

さて社会人に戻ってひさびさに人にものを教わる立場になって感じること。
人に何かを教えるということは、その人が理解してくれないと
教えたことにはならないということ。


そもそもその何かを知っている人は、100ある世界だったら
100も場合によってもその見えるHorizenの先の120まで見えているわけで、
でも何かを知らないで習う立場の人は、視野が10や20しかない。
そういう人に早く100を見せるには、上手い例えかはわからないが
「100をみるためには10×10とか5×20という見方をすればいい」
というようなヒントを出してあげる、
つまり全体を早く見るための切り口を教えられることが重要なのだと思う。
常日頃そういう風にものを考えている人、
そして常に「でも25×4がやっぱり一番見えやすいのでは?」と
仮説を持って、常にその仮説を自分自身でも磨いている人
そういう人こそが教えることが上手い人なのだろうと思う。
当然それは「マネージャー」という人たちにご多分もれないはず。

あらためて人の振り見て我が振り考える、今日はそんなことを考えていた。


テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

2010/10/08 01:13 |雑感COMMENT(0)TRACKBACK(1)  

大変ご無沙汰していました(汗)

6月に卒業してもう少しで4ヶ月になろうとしています。
ちょっと早すぎて、いまだに信じられない今日この頃。

さて近況ですが、
新しい第2の社会人生活が始まり、
シカゴで2年間MBAに行っていたことを
忘れかけているような怒濤の今日この頃です(笑)
忙しさのためにMBA前、そしてMBA後の決意なども
すっかり忘れそうになっているけど、
やっぱり私という人間は変わらないし、
そんなに簡単に変えることだってできない。


最近感じるのは、MBAに2年間行ったことで、
(というよりも年をとったためというのもあるけど。。苦笑)
自分のキャリアだってあとたった20数年くらいしかないのだ
ということをはっきり意識するようになったと思う。
それじゃあ来るべきその数十年後のゴールの地点から見て、
今自分はどこにいてどこへ向かおうとしているのか。
それを考えれば考えるほど、少し焦ってしまう自分がいる
というのは事実です。


でも結局最後に残るのはやっぱり今の自分しかいないのだし、
だからこそ悔いのないよう決断をし、自分の人生を選び取りたいと思います。


なんかひさびさにもかかわらず、訳わかんないこと書いてるかもですが。
雑記ということで。。

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

2010/10/06 01:33 |雑感COMMENT(0)TRACKBACK(2)  

ご報告―ふたたび社会人へ

先月長かった卒業旅行を終え、無事東京に戻り、
昨日から新しい就職先で働き始めた。
いろんな意味で前の職場とはかなり違う環境。
外資系だし、インダストリーは違うし、
やってるファンクションも違う。
ということでまだ2日目で大したこともやっていないけど、
いろいろ新しいEye-openingな経験をさせてもらっていると実感。



MBAに行く前と行く後で変わったことの1つに、
キャリアに対する考え方が変化しているかなということ。
前の会社で働いているときは、与えられた仕事をこなしているだけで、
人事も基本アサインされるわけで、今やっている仕事が
将来どのようなことに生きるか、引いてはその経験を基に
どういうことを将来やっていきたいのか、なんてことまでは
考えていなかったと思うが、今はそうじゃない。
もちろんスピードが求められる業種だからかもしれないが、
決められた時間内に結果を出す、そこでの経験で学んだ一番のTakeaway、
そしてRoom for improvementは何なのかを常に意識するようになった
気がする。


と偉そうなことを言っても、まだ2日目。。
でもあと30数年?で何を成し遂げたいのか、小さくても
引っかき傷でも残せればなあと思っている。

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

2010/08/17 23:54 |キャリアCOMMENT(0)TRACKBACK(1)  

Chicago Booth 公式説明会のご案内


下記の記事に追記です。
8月30日月曜日にChicago Boothのアドミッションによる
公式の学校説明会が開かれます。
申し込みについては、こちらの学校のリンクから
お申し込みください。

卒業生も多く参加すると思いますので、
ぜひ生の声が聞けるチャンスです。
多くの方々にお会いできるのを楽しみにしています。

テーマ : MBA - ジャンル : 学校・教育

2010/07/23 22:54 |MBACOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。